【カナダ専門留学】コープビザ(Co-op)について専門家が解説!

ワーキングホリデーや留学を検討している皆さん、カナダの学生+インターンシップの留学制度「Co-op」について、ご存知でしょうか。

学校で専門分野を学び、就労期間中にはフルタイムで働くこともできる制度なので、必ず知っておきたい選択肢です。

Miwa
Miwa

こんにちは!この記事の執筆者、カナダ政府公認移民コンサルタントの唐木美和です。

本日は、Co-op(コーププログラム)について、詳しくみていきます。

コーププログラムとは?

就労許可付きの学生ビザ

カナダの私立・公立学校のプログラムの一部で、就労体験の付いたプログラムのこと。コープ付きのプログラムを選ぶと、座学に加え現地企業で有給の就労体験ができます。

座学で学んだことを実就労経験として活かせるので、日本人の方にも人気のプログラムです。

注意あくまでも、学生ビザに付随してくる就労ビザがコープとなりますので、コープビザだけの申請は不可です。

※Co-opは正式には「Cooperative Placement」の略です。

コーププログラムの特徴とは?

全ての学校にある訳ではない

政府認定校のみ

バンクーバーにはたくさんの私立・公立カレッジ・大学がありますが、その中でもカナダ政府に認可された学校のみ、コーププログラムを提供することが可能です。

プログラムに年齢制限はない

年齢制限なし

ワーキングホリデーと違い、コーププログラムには年齢制限はありません。

すでにワーホリビザを使ってしまった方や、ワーホリの対象から外れてしまっている方でもプログラムに必要な条件(英語力など)を満たせば参加することができます。

プログラムの入学条件

ある程度の英語が必要

コープは現地企業で就労するということもあり、入学にはある程度の英語力が必要になります。

学校やプログラムによって必要な英語のスコアは異なりますが、私立カレッジだと大体IELTS5.5、公立カレッジだと大体IELTS6.5が目安となります。

私立カレッジの場合、入学に必要な英語力がやや低く設定されている場合もあります。

どんなコースがある?

バンクーバーには様々なCo-opプログラムがあります。以下は一例です。

  • 国際ビジネスコース
  • ホスピタリティコース
  • 医療アシスタントコース
  • 国際カスタマーサービス
  • メイクアップコース
  • 国際貿易コース
  • Webデザインコース
  • エアラインコース
  • デジタルマーケティングコース
  • アプリ開発コース
  • UI・UXコース など

興味がある分野、働いてみたい業界はありましたか?

コーププログラムの就労期間

コープで働ける期間は?

プログラムによりますが、コープは最大で座学と同じ期間就労ができます。

例えば、

座学が6ヶ月の場合 = 就労期間は6ヶ月まで可能
座学が1年の場合 = 就労期間は1年まで可能
となります。
 

学校によっては、4ターム座学のあと、最終タームをコープとしている場合もあります。

どれくらいの収入になる?

通常の学生ビザでは、週に20時間までの労働が認められていますが、コープの場合、就労期間中は40時間まで就労できるようになるのです。

ですから、例えば時給が$15だとすると…

$15(時給)× 40(時間) ×4(週間) = $2,400/月

つまり日本円にすると、約20万円ほど稼げるようになるんですね!留学生にとっては大きな収入源です。

※ちなみにバンクーバーがあるBritish Columbia州では、Co-opは有給と決められています。

どのような会社に就職できる?

これは学校によって様々ですが、基本的には自分で働きたい企業で働くことができます。

注意学校によっては、業種やポジションがある程度指定される場合もあります。

基本的には授業の一貫という位置付けですので、自分が受講しているプログラムに関連した職業である必要があります。

プログラムと、よくある関連職業例

受講プログラム        就業先の企業・ポジション           
国際ビジネスコース一般企業での事務職 など
ホスピタリティコースレストランのサーバー・ホテルスタッフ など
医療アシスタントコースクリニック受付助手 など
メイクアップコース百貨店化粧コーナーの販売員 など
国際貿易コース貿易会社スタッフ など
Webデザインコース各種企業のWebデザイナー など
エアラインコース航空会社スタッフ など
デジタルマーケティングコース各種企業のマーケティングアシスタント など
アプリ開発コースIT企業のプログラマー など
UI・UXコースUI・UXデザイナー など

就職先はどうやって見つける?

これも学校によって変わってきます

面接の企業を〇校までアレンジしてくれる学校があれば、いくつかの提携企業を持っている学校もあります。

もちろん、自分で探さなければならない場合もありますが、学校側も授業の一部として困ったことがあればしっかりサポートしてくれます。

学校にいくつかの企業をよんで、日本の合同説明会のような企画を開催するサポートがある学校もあります!

コープ付きのプログラムを選ぶ際は、学校がどのような仕組みでアレンジしてくれるのか事前に確認しましょう。

そのまま長期就職は可能?

Q. コープで働いた企業で、そのまま長期就職することは可能ですか?

Miwa
Miwa

可能性は十分にあります。

カナダは日本のように、卒業生が一斉に就職活動を行うということはありません。コネクションを作っておくとそれが就職に繋がる、ということは多々あります

コープ中のパフォーマンスを評価してもらえれば、そのまま採用してくれる企業もあります。

カレッジ卒業後にカナダで長く就労を考えている方は、現地企業とコネクションを作るとても良い機会になります。

永住権申請に利用できる?

コーププログラムでの就労期間は、あくまで学校のプログラムの一環です。つまり、通常永住権申請(エクスプレスエントリー)の就労経験にはカウントされません

ポイントエクスプレスエントリーのCRSポイントにはなりませんが、Federal skilled workerカテゴリーのエクスプレスエントリー登録の最低条件として、就業条件を満たしていれば、Co-opの就労経験を利用することはできます。

またBCPNPなど、州ノミネーションを利用する場合は、Co-opの就労が加算されるプログラムもあります。

一番多いパターンは、Co-op期間中に就労した企業がスポンサーになって、LMIA(就労ビザ)をサポートしてくれる、というもの。

Co-opを行うことで、将来の永住権申請時に有利になる可能性は十分にありますね!

【速報】カナダ永住権は2021年からがチャンス!移民コンサルタントが解説します
海外経験なし、留学経験ゼロだった現役留学カウンセラーが、1年間のワーホリ中に留学生から人気の職種・語...

コーププログラムが受けられる学校

私立・公立問わず、カナダ国内多くのカレッジでコープ付きのプログラムが提供されています。

バンクーバーの私立カレッジ

  • ILAC
  • SELC
  • VGC
  • ILSC
  • Arbutus College など

語学学校に併設されている、私立のカレッジでも提供している学校が多くあります。

バンクーバーの公立カレッジ

  • BCIT
  • Langara College
  • Vancouver Community College など
Miwa
Miwa

例えば私立カレッジのILACでは、30週間の座学の後に30週間のコープが可能なプログラムを提供しています。

コープビザの申請料

学生ビザに付随してくる就労ビザがコープとなりますので、

学生ビザ($150)+バイオメトリックス($85)

コープには就労ビザ申請料としての追加料金はかかりません。※2021年現在の料金

注意学校によっては、コープ就職先斡旋料(Co-op Placement Fee)がかかる場合があるので事前に確認しましょう。

ビザに関する質問はありますか?

カナダ永住権・ビザに関しての相談がある方は、政府公認移民コンサルタント MK Visa Consulting ウェブサイトより、お気軽にお問い合わせ下さい。

MK Visa Consulting
お問い合わせ: 公式サイト
インスタグラム: @mkvisaconsulting

タイトルとURLをコピーしました