キャリアカレッジって?カナダの私立カレッジで専門分野を「英語で」学ぶ!

最近インスタグラムで質問をもらうことがとても増えたこちらの内容。

カナダでキャリアカレッジに通いたいんですが、私でも通えますか?

「キャリアカレッジって?」

あまり聞き馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

本記事では、日本人留学生にあまり知られていないワーホリ以外の留学方法「キャリアカレッジ」について徹底解説していきます。

Shiori
Shiori

この記事の執筆者、Shioriです。

AK-Mediaのライターをしていますが、バンクーバーの語学学校でカウンセラーとしても働いています。

キャリアカレッジって?

語学学校が”英語を学ぶ”場所であるのに比べて、カレッジは専門分野を”英語で学ぶ”場所になっています。

日本でいう短期大学や専門学校に近いイメージです。

またカレッジには2種類あり、公立のものと私立のものがあります。

  • 公立→短大のようなプログラムが多い
  • 私立→専門学校のようなプログラムが多い
現地では私立カレッジのことを”キャリアカレッジ”と呼ぶことが多いため、本記事ではキャリアカレッジと表記して解説していきます。
ではより詳しくみていきましょう。

キャリアカレッジの特徴

キャリアカレッジの特徴としては大きく以下のものが挙げられます。

キャリアカレッジの特徴
  1. 卒業するとCertificateやDiplomaの資格が取得できる
  2. 学生ビザが発行される
  3. ワーホリと組み合わせて長期滞在が可能に
  4. 入学時に一定レベルの英語力が必要
  5. 在学中のアルバイトが可能
 

では、詳しくみていきましょう。

キャリアカレッジで学べるプログラム

コースは期間が決まっており、短いもので6ヶ月〜長いもので3年

主なプログラムに保育士資格・エアライン・デザイン・会計・医療アシスタント・ホスピタリティ・旅行・通訳・ビジネス・プログラミング・メイクアップなどがあります。

日本人からは特に、国際ビジネス・ホスピタリティ・国際貿易・ITなどの専門分野を学ぶコースが人気の傾向です。

学校によって特化したプログラムが異なるため、興味のある分野を選んで学校を決定できます。

入学時期

年に数回、約4週間〜6週間毎に入学日が設定されている

キャリアカレッジでは年間の入学日が決まっていて、事前に希望の入学日に合わせてスケジュールを組むことができます。

語学学校では、入学日が毎週月曜日に設定されていることがほとんどです。

授業スタイル

主にレクチャースタイルの授業となっていて、各ユニット内で課題やプレゼンテーション・グループワークやユニットテストなどが行われます。

ほとんどの学校で数週間単位でユニットが組まれていて、プログラムの期間内に複数のユニットを学ぶように構成されています。

キャリアカレッジでは、各ユニットの最後にユニットテストが実施されることがほとんどです。
一度で合格できなかった場合も再試験を受験できることが多いですが、再試験料を払わなければならないこともあります。

通っている生徒の特徴

理由はこの後より詳しく説明していきますが、キャリアカレッジに通う学生は語学学校に通う学生に比べて英語力が高い傾向にあります。

その他にも、

  • 語学学校に数ヶ月通って英語力を上げてから、またはワーホリ終了後にキャリアカレッジへ通ってカナダの滞在を伸ばす学生が多い。
  • 移民を目的とした留学生が多く、語学学校に比べてクラスの国籍ミックス率が高い。

などが特徴としてあげられます。

キャリアカレッジの入学条件

語学学校は誰でも英語力を問わず入学ができるという点に対して、キャリアカレッジの入学には条件があります

学校によって内容に差はありますが、下記の入学条件を求める学校がほとんどです。

キャリアカレッジの入学条件
  • 英語力が入学基準を満たしていること
  • 最終学歴の証明書を提出すること

ではそれぞれを詳しくみていきましょう。

入学には英語力の基準がある

専門分野を英語で学ぶため、授業についていける英語力が必要とされます。ただし、公立カレッジや大学に比べて比較的基準は低くなっています

それぞれの入学基準は以下が目安になります。※各学校やプログラムににより若干の差があります。

私立カレッジ(キャリアカレッジ)
IELTS 5.5 が目安

公立カレッジ
IELTS 6.0〜6.5 が目安

大学
IELTS 6.5 〜 7.0 が目安

IELTSやTOEFLのスコアを入学基準としているところも

学校によっては、基準を満たした過去のIELTSやTOEFLスコアを提出することで入学条件を満たす場合もあります。

IELTSもTOEFLも受けたことがないんだけど…

そんな方でも、入学条件をクリアする方法があります。

学校指定の入学テストを受ける
過去に該当の試験を受けたことがなくスコアを持っていない場合も、学校指定の入学テストを受験し、合格点を取ることで入学基準を満たすことができます。

最終学歴証明書の提出

学校によって必要な最終学歴の証明書が異なります。

多くの場合、高校卒業(または高卒認定)以上の証明書が必要となりますが、それ以外の学歴であっても追加の書類を提出することで入学条件を満たす場合があります。
詳しい条件は学校によって異なるので、事前に確認するようにしましょう。

キャリアカレッジの授業料

13万円〜25万円 前後

上記は一ヶ月あたりの学費+入学費の目安になります。

プログラムによって金額にかなり幅がありますが、期間は1年プログラムへ申し込む留学生が一番多いです。

授業料と合わせてそれぞれの留学にかかる費用は カナダ留学費用まとめを参考にしてみてください。

より具体的なプログラムとその料金が知りたい場合は、学校や留学エージェントから見積もりや料金表を送ってもらうことも可能です。

キャリアカレッジのメリット

Co-opプログラムを利用する

キャリアカレッジの中には、Co-opプログラムという就学と就労体験が一体となった特別なプログラムを提供している学校があります。

Co-opプログラムとは・・

プログラム修了の条件として就労体験が必須となっているプログラムのこと。
Co-opプログラムでは「Cooperative Placement Work Permit(Co-op)」と呼ばれる特別なビザが、学生ビザに付随して発行されます。カナダ政府に認定された学校だけが提供することのできる特別なプログラムです。

在学中にフルタイム就労ができる!

Co-opプログラムを利用すれば、なんと在学中にフルタイムで就労することが可能になります。

ただし、Co-opの就労について州ごとにルールが異なるため注意が必要です。
例えば、執筆者の働く学校があるブリティッシュ・コロンビア州の場合は以下のルールがあります。

Co-opの注意点①(BC州)
Co-opビザでの就労期間がプログラム全体の50%を超えてはいけない。(※プログラム内で就労できる期間はカナダ国内の州ごとのルールによって異なります。)
Co-opの注意点②(BC州)
Co-opの就労期間は必ず”有給”でないといけない。カナダ国内の州によっては”無給”で就労が認められている場所もある。
 
Shiori
Shiori

ちょっと複雑なルールですよね。わかりやすく表に表すとこのような感じです。

プログラムの長さ1年の場合2年の場合
Co-opビザの期間

6ヶ月
(就学6ヶ月+就労6ヶ月)

1年
(就学1年+就労1年)

※ブリティッシュ・コロンビア州の場合

そして、就学の期間と就労体験の期間それぞれで働ける時間は以下のようになります。

就学している期間就労している期間
週20時間までの就労が可能週40時間までの就労が可能

結論つまり、学校で座学を受けている就学期間は週20時間までのパートタイム就労が可能就労体験の期間になると週40時間のフルタイム就労が可能になります。

就労できる長さが決まっているのはビザにルールがあるためですが、学生ビザについてワーホリだけじゃない!知っておくべき学生ビザの選択肢で詳しくまとめました。合わせて読んでみてください。
ワーホリだけじゃない!知っておくべき学生ビザの選択肢
学生ビザが必要な人はどんな人?学生ビザを使うメリットは?現役の語学学校カウンセラーが、カナダ学生ビザ...

日本での就職に役立つ

専門の知識を活かした現地企業での就労体験をして帰国するため、キャリアチェンジや就活に大変役立ちます。

就労体験を行う現地企業は、自分で求人サイトなどで探す事もできますが、学校によっては仕事探しサポートがあったり定期的な校内ジョブフェアが開催されているところもあり、学校にいながら企業からジョブオファーをゲットできることも。

永住権にも繋がる

Co-opプログラム中に働いた企業で仕事ぶりが認められれば、その企業から就労ビザという1〜2年の有効期限付きで学校に通わずにフルタイム就労ができるビザがでる可能性もあります。

この就労ビザを利用し現地で十分な就労経験を積めば、将来永住権の申請にも繋がります。

 

Copied title and URL