2021年のカナダ入国最新情報/ コロナ規制緩和が進んでいます!

規制緩和が進んでいるカナダ入国最新情報

ここ数ヶ月間、著しく回復に向かっているカナダでは、毎週のように規制緩和の嬉しいニュースがあります。

そこで本記事では、カナダ西海岸の都市バンクーバーより2021年8月2日時点の最新情報をアップデートします。カナダ留学やワーホリ、旅行計画の参考にしてください。

重要ポイントまとめ

※クリックで拡大できます!

重要:最新のルール変更点

入国に関する最新のニュース

指定ホテル隔離が撤廃(全員)

【2021年8月9日から】空路で入国する人は、ワクチン接種に関わらず、3日間の政府指定ホテルでの隔離が不要になります。約$1,000〜$2,000の費用が自己負担でかかっていたので、今後渡航される人にとっては嬉しいニュースです。

自己隔離が免除(条件付き)

【2021年7月5日から】2回の政府指定ワクチン接種者は、14日間の自己隔離が免除されます。カナダ入国後、すぐに外出や通学ができるようになります。

ワクチン接種をしていない人は、引き続き14日間の自己隔離が必要なので注意です。その場合、入国後は隔離条件をクリアしているホームステイ先や学生寮、ホテルにて14日間自己隔離をします。

8日目のPCR検査免除(条件付き)

【2021年7月5日から】2回の政府指定ワクチン接種者は、8日目に必要だったのPCR検査も免除されます。ワクチン接種をしていない人は、引き続き検査が必要となります。

観光も入国可になる予定(条件付き)

【2021年9月7日から】カナダ政府より「入国日の14日前までにワクチン接種を完了した者」に対し、観光目的でも入国を許可する予定をしている、との発表がありました。政府指定ホテルでの3日間の隔離を含む14日間の自己隔離も不要になります。

全てクリアする必要あり
隔離が免除になる条件
  • 入国14日前までに指定ワクチンを2回接種
  • 英語またはフランス語表記の接種証明書の提示、または公式の翻訳証明書を提示
  • 72時間前と入国時にPCR検査を受け陰性である
  • ArriveCAN(アプリ)にワクチン情報を登録
  • 14日間の隔離計画の提出(免除対象者も必要)
接種証明書が必要
カナダ政府指定のワクチン
  • ファイザー/ Pfizer(2回)
  • モデルナ/ Moderna(2回)
  • アストラゼネカ/ AstraZeneca(2回)
  • ジョンソン&ジョンソン/ Janssen(1回)

その他のニュース

エアカナダが就航再開&増便

一時コロナウイルスの影響で欠航していたカナダのエアライン、エアカナダが就航を再開しました。今後も増便の予定をしています。

しかし最近は航空券の価格が上昇しています。今後、観光(eTA)でも入国できるようになる予定のため、さらに航空券の需要が増えると予測されます。

店内飲食の規制が解除

しばらくの間禁止されていた、店内での飲食ができるようになりました。

カナダのコロナ最新情報

新規感染者数が減少

半年前に比べ、カナダでは新規感染者数が大幅に減少しています。直近2週間では1日あたり300件〜500件にとどまっています(ピーク時は10,000人を超えていました)。

仕事が見つかりやすい

規制されていた店内飲食が再開され、飲食店には活気が戻っています。オフィスでの就労も再開している企業も多く、以前と比較すると求人情報がかなり多くなっています

マスク着用が必須ではない

空港などでは一部規制は残るものの、ワクチンを二回接種した人のマスク着用義務がなくなり、最近は街ではマスクなしで生活する人が多くなりました

BC州でマスク着用は「義務」ではなく「推奨」となっています。2021年9月7日からは完全に「任意/ 個人の自由」となる予定です。

グループで集まることができる

以前は規制されていた集会ですが、最近は緩和されています。そのため最近ではパーティーやイベントの開催が頻繁にされています

カナダのワクチン最新情報

接種率が世界一高いカナダ

カナダでは、人口に対しての部分接種率(1回目のワクチンを接種した割合)が高く、現時点では世界一です。2021年8月1日時点のデータは下記になります。

  • カナダ 71.6%
  • イギリス 69%
  • アメリカ 57.7%
  • 日本 38.6%
  • オーストラリア 32.8%
  • ニュージーランド 22%
  • 世界 28.2%
人口に対しての部分接種率
カナダ🇨🇦
71.6%
イギリス🇬🇧
69%
アメリカ🇺🇸
57.7%
日本🇯🇵
38.6%
オーストラリア🇦🇺
32.8%
ニュージーランド🇳🇿
22%
世界🌎
28.2%

参照:Our World in Data

現地でのワクチン接種

外国人留学生でも無料で接種が可能

バンクーバーがあるBC州では、MSP(州政府医療保険)を持っていない場合でも、無料でワクチンを受けることができます。

州内に住んでいる場合、カナダ人・外国人・永住者・留学生・保険の有無など関係なく、誰でも無料で接種が可能です。

カナダ留学・ワーホリ注意点

現在の語学留学、ワーホリ、co-op、観光の可否

カナダは他国(オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・マルタなど)と比較すると、渡航状況がかなり緩和されていることから、「今、留学するならカナダ一択」とも言われています。

ただ、まだ完全に以前のように戻ったわけではないので、気をつけるべき点もあります。

学生ビザ取得までの期間をチェック

最近ではビザ申請数も格段に増え、ビザがおりるまでの期間が長くなっています政府サイトでの目安が8週間となっていますが、確実に8週間でおりるわけではなく、早くおりる人もいれば8週間以上かかる人もいるので、余裕を持って早めに申請することが大切です。

ワーホリはまだジョブオファーが必要

規制緩和や解除のニュースが飛び交う中、ワーホリについてはまだ発表がありません。ワーホリビザ申請には引き続きジョブオファーレター(現地企業の内定)が必要となるため、ハードルは高いままです。

まずは学生ビザで入国し、現地で仕事を探してジョブオファーを獲得、そこからワーホリへ切り替える手段が主流です。

詳しくはワーホリのジョブオファーがない時の対処法・カナダに入国する方法を参考にしてください。

Copied title and URL