海外送金Wise(ワイズ)のアカウント作成方法と使い方を解説します

国際送金Wiseアカウント開設方法を簡単に解説

オンライン海外送金Wise(旧トランスファーワイズ)のアカウント作成方法と使い方について解説します。

これから海外留学・ワーホリ・移住予定の方、海外在住者の方も必見です!

オンライン海外送金って?

銀行や両替所などの従来の送金方法と比べ、手数料を抑えて国際送金できる方法が「オンライン海外送金」です。

AK
AK

1年半以上前にWiseアカウントを作り、以来ずっと使っています!大幅な節約になるのでオススメです。

Wiseは日本語ページも充実しているため、とっても簡単です。ざっくりとした手順は下記となります。

  • STEP1
    オンラインでアカウントを作る
  • STEP2
    送る金額を入力
    送りたい金額・通貨を選ぶ&受取人の情報も入力。
  • STEP3
    本人確認をアップロード
    免許証やパスポートなど。スマホ撮影でOK。
  • STEP4
    Wiseに送金
    Wiseの日本口座に振り込みする。
  • STEP5
    住所確認完了
    4ケタのコードが家に届くので入力する。

※すべてスマホでできます!

まずは登録が必要です

初めだけですが、サービスを使うにあたり本人確認・住所確認が必要になります。

登録にあたり必要なもの
  1. 本人確認書類
    (パスポート、免許証など)
  2. マイナンバー or 通知カード※
初めだけ

※ マイナンバーですが、海外在住の場合は無しでもOKです。

では、さっそく見ていきましょう。

① オンラインでアカウントを作る

とってもシンプルで簡単です。

メールアドレスとパスワードを入力すると、直後に登録したアドレスに確認メールが届きます。

日本語ページ
このページの左上メニューから地球儀マークを「日本語」にしてください (パソコンの場合は右上)。

② 送る金額を入力する

送りたい金額・通貨を選びます。

この段階で、受け取れる目安の額が表示されます(銀行や両替所と比べると超お得で驚きます)。

③ 受取人の口座情報を入力

受取人のメールアドレス、口座名義、口座情報を入力します。受取人を「自分自身」「その他」「法人・団体」の中から選びます。

現地で使うお金を送金する場合

自分の現地口座に送る場合は「自分自身」を選びましょう。

生活費

Wiseから受け取る口座が現地に必要なので、自分宛に送金するには、現地の銀行口座を開設した後に送金できるようになります。

つまり、日本でWiseアカウント作成 →渡航 →現地で銀行口座開設 →自分宛に送金、となります。

語学学校やカレッジの学費を払う場合

学校の場合はインボイス(請求書)に口座番号などの詳細が載っています。

学費

口座番号がどれかわからない場合、担当者に確認すると教えてくれます。

語学学校には日本人のマーケターがいる場合がほとんどですが、英語の場合は…

I’d like to pay my tuition through Wise.
ワイズ を使って学費を支払いたいです。

Could you let me know your bank details?
銀行口座の詳細を教えていただけますか?

ここ数年でWiseの知名度がグンと上がっているので、多くの学校で問題なく対応しています。

銀行番号とは?

「銀行番号」の入力で、ん?となったので補足しておきます。

Institution/ bank codesと呼ばれるもので、「銀行名 + Institution number」でググると出てきます。カナダの場合は以下を参考にしてください。

Bank of Montreal001
Scotiabank002
RBC003
TD004
National Bank of Canada006
CIBC010
HSBC016

④ 本人確認を提出

本人確認書類をアップロード

本人確認書類をアップロードします(パスポートや運転免許証など)。スマホ撮影でもOKです。

AK
AK

日本の免許証はバンクーバーの免許取得時に没収されたのですが、役所で「写真とっておき〜」と担当のおばちゃんに言われて撮った写真がスマホに残ってた!よかった!

マイナンバーをアップロード

マイナンバーを提出します。

マイナンバーを持っていない海外在住者のために「現在、日本に居住していない」の選択肢も用意されています。

書類関連の手続きが完了!

入力が終わると、こんな画面が出ます。

今回の送金は初回です。2回目の送金時には、日本の法令に基づき、簡易書留による住所確認が必要となります。 本人確認が完了後、お届けまで最大7営業日程度の時間がかかります。住所確認書類には、アクティベーションコード及びその入力方法などが記載されています。
→ つまり、初回送金時は送金後でもOKということです。

⑤ Wise に送金

Wiseの日本口座(三菱UFJ銀行)に送金したい金額を振り込みます

Wiseの日本口座に日本円の着金が確認されると、海外のWiseから海外の口座に現地の通貨で振り込まれる、という仕組み。

⑥ 住所確認

登録した住所にアクティベーションコード(4ケタ)が書かれた書類が届きます。アクティベーションコードを入力すれば、住所確認は完了。

これですべての手続きが完了です!

早い&情報の透明度が高い

④の振り込みを済ませて1時間後には「入金確認が完了しました」とのメールが届いていました。早い。

その後もマイページで今どの段階にいるのかをチェックできます。

一度作れば、何度も送金できる

初回は住所の確認があったりと、すこし手間があります。ただ一度作れば2回目からはサクッと振り込みできます

海外にある他の銀行口座にも、このアカウントから送金する事が出来ます。つまりどういうことかというと…

  • 渡航後に現金が必要になった場合
    日本から簡単に資金を受け取ることができる
  • 日本に帰国時する時
    留学やワーホリが終わった後、日本の口座に送金できる
  • 2カ国ワーホリなど、複数の国で使う場合
    1カ国で留学した後に別の国へ行く場合でも、引き続き同じアカウントが使える

便利すぎる…!そして、何より毎回の送金で節約になる!

  • アカウント作成無料
とってもオススメです(^^)

情報が役に立った!と思った方は、このページをシェアして応援してもらえると嬉しいです。

5つの手段の比較はこちら

別ページで5つの海外送金の手段を比較してました。結論を言うと、Eのオンライン海外送金が最安値ですが、理由の詳細は海外送金の5つの方法を比較!で確認できます。

【最安】海外送金5つの方法を比較!銀行国際送金しか知らないと損です
留学・ワーホリ・海外赴任・移住するときに必ず課題になるのが、海外送金です。海外での生活費や学費を日本...
タイトルとURLをコピーしました